こんにちは!

フリーランスのカメラマン、ライターとして活動しているトモと申します。

皆様は旅行に行ったらどこへ観光へ行きますか?

美味しいものを食べ歩きするのも素敵ですし、仕事を忘れて温泉でのんびりと過ごすのもいいでしょう。

でもせっかく普段はなかなか行けないところへ行くのですから思い出として綺麗な写真を残したいし、美しい景色を楽しみたいですよね。

私は神社巡りが大好きでして、北は北海道から南は沖縄まで全国各地の神社を巡り撮影してきました。

今回の記事では私が実際に訪れた時の写真を使用して、皆様におすすめの絶景神社を5つ紹介いたします!

日本で訪れるべき絶景神社5選

神社は日本に8万~9万社あると言われています。

私も紹介したい神社は山程あるのですが、今回はその中から「写真を撮るのにオススメの神社」を5つ紹介していきます!

霧島神宮(鹿児島県)

天照大神(アマテラスオオミカミ)の孫として高天原から日向(九州の南部)に降り、皇室の祖先になったとされている邇邇藝命(ニニギノミコト)。そんな神様を祀っているのがこちらの霧島神宮です。

創建は6世紀と長い歴史を持つ神社で、開運・起業・転職などの事始めや子孫繁栄、家庭円満など多くのご利益があります。

境内はとても広くたくさんの杉に囲まれていて、長く続く参道を抜けると格調高い朱色の社殿が姿を表します。

晴天の日には空の青色と社殿の赤色が美しいコントラストを生み出し、写真好きな方にはこちらの撮影もオススメです。

観光客だけではなく地元の方も多く参拝に訪れるこちらの神社。

ぜひ皆さんも訪れてみてください。

公式HP:https://kirishimajingu.or.jp/

住所:鹿児島県霧島市霧島田口2608-5

電話番号:0995-57-0001

営業時間:境内の参拝自由。祈願などの受付および授与所の受付は8時~17時30分

榛名神社(群馬県)

主祭神として火の神である火産霊神(ホムスビノカミ)と、土の神である埴山毘売神(ハニヤマヒメノカミ)を祀るのがこちらの榛名神社。

古くから鎮火、開運、五穀豊穣、商売繁盛のご利益があるといわれています。

本殿までは長い参道が続いており、巨石・奇石に囲まれながら広い境内を進んでいきます。

途中には巨大な杉や滝も流れていて、豊かな自然をトレッキング感覚で楽しむことも出来ますよ。

榛名神社は本殿が背後の御姿岩(みすがたいわ)と呼ばれる巨大な岩と繋がっていて、岩の洞窟内にご神体が祀られているという全国でもかなり珍しい形式の神社です。

自然に囲まれた榛名神社でゆっくり過ごしてみるのはいかがでしょうか。

公式HP:http://www.haruna.or.jp/

住所:群馬県高崎市榛名山町849

電話番号:027-374-9050

営業時間:参拝可能な時間は午前7時~午後5時まで。授与所は午前8時30分~午後4時まで。

二見興玉神社(三重県)

御祭神に猿田彦大神(サルタヒコノオオカミ)を祀り、縁結び・夫婦円満・交通安全などにご利益のある二見興玉神社。

こちらで有名なのはなんと言っても夫婦岩でしょう。

特にオススメなのは日の出の時間帯です。

美しい太陽をバックにした夫婦岩の絶景を拝むことが出来ます。

海沿いで朝日を眺めながら、のんびりと贅沢な時間を過ごしてみてはいかがでしょうか。

公式HP:https://futamiokitamajinja.or.jp/

住所:三重県伊勢市二見町江575

電話番号:0596-43-2020

営業時間:時期により異なります。詳しくは公式HPへ。

平泉寺白山神社(富山県)

伊邪那岐命(イザナギノミコト)と共に日本の多くの神々を生んだ伊邪那美命(イザナミノミコト)。

そんな女神を主祭神として祀っているのが富山県にある平泉寺白山神社です。

この神社はとにかく苔に囲まれており、「苔寺」の愛称でも親しまれています。

「神社なのに苔寺?」と思われた方もいるかも知れませんが、こちらの神社はもともとはお寺でした。

明治時代の神仏分離令によって現在の形に落ち着いたそうです。

古びた石灯籠や多くの杉。そんなどこか侘び寂びを感じる雰囲気の好きな方にオススメの神社です。

公式HP:http://heisenji.jp/

住所:福井県勝山市平泉寺町平泉寺56

電話番号:0779-88-1591

営業時間:境内見学自由

石清水八幡宮(京都府)

第15代応神天皇を祀り、必勝祈願・厄除け・安産にご利益があると言われているのがこちらの石清水八幡宮です。日本に数多くある八幡宮の中でも三大八幡宮と呼ばれる大きな神社です。

こちらの神社は男山という山全体が境内となっており、とにかく広いです。社殿は山上に鎮座していてケーブルカーも通っていますが、参道を歩いて登っていくことも可能です。

本殿が斜めに傾いているのが特徴で、これには参拝後神様に背を向けて帰らないようにとの意図が込められているそうです。

朱色で豪華絢爛な社殿も見どころ満載です。

厳かな空気の中を山歩きしながら自然に癒やされるのはいかがでしょうか。

公式HP:http://iwashimizu.or.jp/top.php

住所:京都府八幡市八幡高坊30

電話番号:075-981-3001

営業時間:時期により異なります。詳しくは公式HPへ。

自然と共に生きてきた日本人と神社の関係

いかがだったでしょうか? 

日本は国土の7割が森林という世界有数の森林国です。

そのため日本人は、古来より自然と共に暮らしてきました。

その過程で自然に対する敬意から生まれた信仰が神道・神社の始まりとも言われています。

自然とともに鎮座する神社を訪れることで、古代の人々が大切にしてきた自然への思いを感じることが出来るかもしれません。

皆様も絶景神社を訪れて日常の忙しさから癒やされてみてはいかがでしょうか。